もうすぐ一周年のお鮨屋さんへ…点描への執念

丁度、昨年の今頃、お鮨屋さんの物件をやっておりました。

知り合いの方からの紹介で始まったこのプロジェクト、開店を目前に控え、現場が慌ただしく動いていました。

開店は3月13日でした。開店と同時にコロナに見舞われましたが、無事今日まで営業されています。

 

お店の内装とともに、サインやビジュアルもお願いされて、オープンに向けてのグッズ一式をつくりました。

この一連のグッズで一番時間がかかったのが、まぐろの握りのロゴです。

最初は、パソコンで描こうとしたのですが、あまりいい感じにならず、結局、一粒一粒、手描きで描く事にしました。

少しポップな感じが良いかと思ったのですが、おいしそうに思えなかったので、再度、密度を上げて、一粒一粒、描いていきました。

だいぶマグロ感が出てきたでしょうか。

拡大図です。

開店後から、昼のみの営業でお弁当を販売することになったり、その都度、お店のやり方を模索しながら営業を続けておられます。

お店の名物の三彩巻は、大トロ、中トロ、赤身の3色マグロにウニが乗った巻もの。テレビでも度々紹介される人気商品です!

弊社のアルバイトの学生さんも行ったそうで、気軽に訪れられるお値段設定になっています。大将も明るく面白い方だったと聞いております^^。

 

お店は老若男女、気軽に訪れることができる雰囲気にしました。

お店の各所に斜めに切れ上がった垂れ壁を入れることで、訪れた方に、お店のことを思い出してもらえるようにしました。お鮨屋さんらしい清潔感と、気さくな雰囲気、おいしそうなお店の感じが同居できるように考えました。

写真をみているだけで、お鮨の美味しい記憶がよみがえってきます。。

 

件のまぐろの握りが描かれたサインですが、↓看板の丸いところはスチール製で、その時々でメニューやお知らせを磁石でくっつけることができるようになっています。

開店からもうすぐ一周年。この一年を乗り越えられた鮨 三彩さんの益々のご活躍をお祈り申し上げます!

https://sushi-sansai.com/

 

すし屋S

すし屋Sグラフィック

 

(錦織真也)